« Letter Factoryに行こう? | トップページ | サイトワードの種まき »

小学生の大規模研究で英単語を処理する脳活動を解明[Yahooニュース]

今朝、Yahooニュースで目に入った見出し↓

「英単語処理、左右の脳活動に差」

[記事引用文↓]
難しい英単語を聞くと、右脳の活動が高まり、易しい単語の時には左脳が活発に働くことが、首都大学東京の萩原裕子教授らが小学生約500人の脳活動を計測した研究でわかった。

 右脳は音のリズムや強弱の分析にかかわっているとされ、研究結果は、英語を覚えるにつれ、右脳から左脳に活動の中心が移る可能性を示している。外国語の習い始めには音を聞かせる方法が良いのかなど、効果的な学習法の開発につながるかもしれない。米専門誌電子版に25日掲載される。

 萩原教授らは、国内の小学1~5年生が、難度の異なる英単語を復唱している時の脳活動を測定した。abash、nadirなど難しい英単語を復唱する時は、右脳の「縁上回(えんじょうかい)」と呼ばれる場所の活動が活発になり、brother、pictureなど易しい英単語では左脳にある「角回(かくかい)」の活動が高まった。萩原教授によれば、新しい外国語を学ぶ時には、まず右脳で「音」の一種として聞くが、慣れるにつれ、日本語を聞く時のように意味を持つ「言語」として処理するようになるとみられるという。

 単語の意味を理解するなど言語を処理する能力は主に左脳がつかさどると考えられている。だが、難しい英単語を聞くと、右脳の活動が高まり、易しい単語の時には左脳が活発に働くことが、首都大学東京の萩原裕子教授らが小学生約500人の脳活動を計測した研究でわかった。

 右脳は音のリズムや強弱の分析にかかわっているとされ、研究結果は、英語を覚えるにつれ、右脳から左脳に活動の中心が移る可能性を示している。外国語の習い始めには音を聞かせる方法が良いのかなど、効果的な学習法の開発につながるかもしれない。米専門誌電子版に25日掲載される。

 萩原教授らは、国内の小学1~5年生が、難度の異なる英単語を復唱している時の脳活動を測定した。abash、nadirなど難しい英単語を復唱する時は、右脳の「縁上回(えんじょうかい)」と呼ばれる場所の活動が活発になり、brother、pictureなど易しい英単語では左脳にある「角回(かくかい)」の活動が高まった。萩原教授によれば、新しい外国語を学ぶ時には、まず右脳で「音」の一種として聞くが、慣れるにつれ、日本語を聞く時のように意味を持つ「言語」として処理するようになるとみられるという。

 単語の意味を理解するなど言語を処理する能力は主に左脳がつかさどると考えられている。だが、子どもが外国語を覚える時の脳活動については、よくわかっていなかった。

☆☆☆☆☆☆
ここからわたくしの感想^^

今までも『「聞く」ことを中心にすすめて行くのが効果的』

という意見をたくさん耳にしてきたので

特に目新しい情報ではないなあとも思ったのですが

↑こんなこと言ってたら研究した方達に怒られるsweat01

けれどcoldsweats01あくまでそれは

英語育児をしてる者が記事を情報として

捉えたときの「感想」、、、。

でも、ここが一番重要だと思っています↓

「子どもが外国語を覚える時の脳活動については、よくわかっていなかった。」
けれど今回の研究で確固たるものが発表された

(今まで発表されていたものは主にアメリカにおける移民の英語習得のような第二言語環境でのものが多く、日本のような外国語環境での子どもの英語学習については科学的なデータがほとんどなかったそう)

ということ。

ここで、正直な私の感想。

「え?そういう研究結果、(日本で)今までなかったの??」

coldsweats01というのは、英語育児やってる者と

しては、かけ流しなどの効果が絶大であることが

当たり前になっていたので。

今回の研究で自分ひとりの子供で見ていた感想が

500人の子供に相当することがとりあえずは

証明されたわけです。

まあ、これは英語育児をすすめる上で、取り組みなどに

とーっても参考にできる情報ではあるけれど、

おうち英語をやっている者としては、

子供がバイリンガルになれるかどうかは、

あくまでもその家庭にぴったり合った方法を模索

する必要がある、、、と、襟を正しておこうと思いますconfident

でも、これからもっとこのような研究がすすめば、

自分のこどもに合った英語育児を試行錯誤しながら

続けて、子供さんがバイリンガルになったという

日本人のお母さんたちの知恵袋が計らずも研究結果と合致する!

なんてことは増えてくるのかもしれないですね〜。

☆☆☆☆☆☆

※今回の私のブログ記事はあくまでもYahooニュースを

目にしたときの一個人としての感想です。捉え方、感想

については、他にもたくさんあると思われます。

また素人のため、研究結果の分析に間違いがあるかも

しれません。

研究結果の正確な内容についてはこちら↓をご覧ください。

首都大学東京 
大学院人文科学研究科の萩原 裕子教授ら
の研究グループによる発表↓
小学生の英単語処理は音声から「言語」へー小学生の大規模研究で英単語を処理する脳活動の基本パターンを解明ー




ランキングに登録しています☆
英語育児のお役立ち情報満載です!
応援クリックポチッといただけると、とてもうれしいです。
ありがとうございます☆↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

|

« Letter Factoryに行こう? | トップページ | サイトワードの種まき »

英語育児でのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

英語の学習が左脳と右脳に影響しているだなんて考えたこともなかったです。
でもすっごく納得~~~。
今までの日本人の学校での英語学習の方法だけでは絶対英語は習得なんてできなかったですからね。
聞くことを中心に・・・というのはもう当たり前になってきてますからね~。
でもそういうデータも必要ですよね(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!
素晴らしい~~~。

投稿: さっちん | 2011/02/24 17:35

☆さっちんさん
コメントありがとうございます☆
科学的データが出たと言われると納得しますよね^^
私は幼少時期は英語聞いたこともなく、中学校から学校でリスニング用テープと先生が話す英語だけを聞いた人です^^;
単語を書いて覚えるの大変でした(笑)
「英語を聞くこと」だけでもこどもの頃からやっておくことは、良いことなのかもしれませんね☆

投稿: cotton | 2011/02/25 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275096/38994239

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生の大規模研究で英単語を処理する脳活動を解明[Yahooニュース]:

« Letter Factoryに行こう? | トップページ | サイトワードの種まき »