« 英語で考えてる?とグースキーをマラソン | トップページ | かけ流しの季節到来!! »

バイリンガル育児の算数はインド式で?「インドの算数」

インドの算数 1 5歳以上向け インド学校公式教科書Bookインドの算数 1 5歳以上向け インド学校公式教科書

著者:K.アラメル
販売元:創美社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前立ち読みで見つけおもしろそうだなあと思い

図書館で取り寄せした本。

英語育児をやってるといろんなことを英語で触れさせたい

と思いますが、英語圏の人って算数得意かなあ??

と疑問に思わないわけでもない^^;

(現に私がcollegeに留学したときには

アメリカ人の数学のひどさに驚きましたeye

なら、算数得意そうな国の方法で触れさせてみるのが

良さそうだなあhappy01

インド人、、、数字に強そう!!実際にインド人知らないけど(笑)

インド式の計算方法などは有名だし?(詳しくしらないんですが^^;)

↑こちらの本、インドの小学校で使われている算数の教科書で

オリエントロングマン社が発行している「MathsAhead」

シリーズに日本語訳を付けたものです。

インドで第2公用語として使われている英語でインド式

の算数を紹介しています。

インドでは5歳から小学校にあがるそうなので本の内容は、

日本で言う就園前のこども向きの内容になってます。

基本的概念を教えてくれる内容になっています。

(アマゾンのタイトルが15歳以上みたいに見えますが

シリーズ1、5歳以上という意味です)

なかなか普通の知育としてみても内容よいと思います。

4階建ての建物のそれぞれの窓からこどもが

顔出していて、

Who lives above Nina?
Who lives below Arun?
Color the tree that is near.
Put a チェックマーク on the tree that is far.

順番まちのこどもたちの絵を見て

Who is before Fatima?
Who is after Fatima?

↑という内容から始まります。後半は難しい内容も

出てきますが、この辺あたりなら娘にも大丈夫そうです。

この「インドの算数」は、大人が読むためように

作られてるそうなので、本もしっかりしてるし

こどもにやらせるワークと考えるとお値段もそこそこします^^;

が、違う文化での数の捉え方を見てみるという点では

おもしろいかもgood

しかも登場する子供の名前がインド人の名前でとっても新鮮happy01

娘がFatima(ファティーマ)って何?って言ってました(笑)

自動車会社に勤めるお友達の旦那さんが中国の次は

インドなんだなあって日々感じるとおっしゃってました。

インドの英語教育のことはニュースなどでも大阪府知事の

橋本さんのお話で取り上げられていたので関西のみなさんには

馴染みがある話題というか^^;

いまやイギリスでOA機器などのサポートセンターに電話すると

ほとんどインドに転送されてるんですってね〜(笑)

友人がインド人の英語が聞き取れなくて苦労したと

言ってました。

世の中そんなことになってるんですね^^;

将来の交流のためにインド映画なんかも見せてみようかな(笑)

英語習得はまったく関係なく^^;

歌って踊って異文化交流盛り上がるかなあ〜notes

☆☆☆☆☆☆☆☆

さあさあ、今日は娘が幼稚園に行き始めてから

はじめてのバーゲン!!!happy01sweat01

やっと身軽にバーゲン初日に行ける日がきた〜

いまからマルイにGOですrun

☆☆☆☆☆☆☆☆
〈昨日の午後の取り組み〉
インドの算数

〈昨日の寝る前の読み聞かせ〉
【送料無料】David Se Mete en Lios = David Gets in Trouble

WKE Stage6 The House of the World

〈今朝の取り組み〉
グースキーの冒険 5、6かけ流し状態

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに登録しています☆
英語育児のお役立ち情報満載です!
応援クリックポチッといただけると、とてもうれしいです。
ありがとうございます☆↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

|

« 英語で考えてる?とグースキーをマラソン | トップページ | かけ流しの季節到来!! »

英語育児でのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

インドの算数って一時流行りましたよね~!
計算が早くできるとかなんとか。
暑い国なのに頭の回転の良さには
驚かされますね。
そうそう、インド人の英語は聞き取れない!!
それをマネするうちの旦那は何者??(爆)

投稿: maomao | 2011/06/24 10:08

インド式はちょっと覚えておくだけでも損はしないと思います。
数学が面白くなるんじゃないかなぁ。。。
だからうちも楽しく小さいうちに教えておいてあげたい
って思っていました^^

5歳くらいになったら教えれそうですね♪
子どもが喜びそうな本を色々探してみようかな☆

何年後かはそのバーゲン一緒に行きますよ~(笑)

投稿: Carrie | 2011/06/24 11:10

そうそうインドって数学のイメージ。
おもしろそうですね~~!

オーストラリアもみんな暗算できなかったような・・。
というか、オーストラリアもアメリカでも、変なお金の払い方すると計算できなかった・・。
(日本だと1491円とかだったら、1501えんとか出したりするでしょ~?あ、例が違うかな。40円のおつりが嫌だからわざと50円玉でもらえるように計算して出したり・・あの出し方がダメみたいでした)

算数って一年生ですでにつまづきかけてる子がいることに驚き^^;
英語英語って言ってて落ちこぼれないようにしなくては・・。

投稿: りゅうママ | 2011/06/24 11:29

アメリカ人って数学ってダメですよね。私は昔っから数字、数学全然ダメだけど、あっちの大学に行っときはレベルの低さに驚きました^^;

インド式計算の本、面白そう。子どもに計算を教えるときって英語と日本語、どっちがいいんでしょうね。九九なんだだと「ににんがし」って感じで、日本語のがよさそうだけど...

投稿: Pinoママ | 2011/06/24 23:15

☆maomaoさん
そうそう、暗算方法が一時期はやりましたよね!
maomaoさんの旦那さん言語を勉強するの好きっておっしゃってましたよね^^ インド人の英語真似したりされるんですか!私、インド人の英語はリアルで聞いたことないんですが、どんななんだろう^^ 旦那さんに聞いてみたいかも(笑)

☆Carrieさん
やっぱり、Carrieさんはいろいろチェックされてますね〜。そうそうインド式の計算はお受験の秘策としても使われてたりするんですよね??確かに知ってるだけでおもしろいかも♪
わあ〜Carrieさんとバーゲンで合流する日がいつかくるんですね〜happy01やっぱり平日のバーゲン初日は最高でした(笑)

☆りゅうママさん
そのお金の出し方がだめってわかります!!
私もそんな出し方してたら、強引にペニーを返されて、細かくおつり渡されたことある〜!(笑)
もう一年生で算数ついていけないとかあるんですねeyeよく3年生くらいが山だと聞きますが、、、^^;
わが家も数字嫌いにならないように気をつけねばsweat01(私が苦手なので^^;)

☆Pinoママさん
そうそう^^ 私も数学では私って頭良かったの??と錯覚しそうになりました(笑)数学だけクラスの振り分けでけっこう上のクラスに行っちゃったり^^; それでも英語がネックだったけど(笑)
そういえば〜、英語でも九九みたいなものはあるんでしょうか??^^; どうなんだろう〜

投稿: cotton | 2011/06/25 06:53

インド式だ~。
一時期、よく本屋で立ち読みしてました(笑)

この本、「日本語訳をつけている」ってことは、日英併記ですか?
面白そう~!

おつりの出し方は、本当にね~(笑)
日本って、「全体的に」計算が得意なんだと思います。
向こうの人は、「得意な人は得意、不得手な人は不得手」と、はっきりしているんだろうなと思いました。

面白いのは、トヨタの研究所に勤めている人(京大卒で理系の研究者)が「理系なら“算数”はいらない」と言っていたことです。「算数はコンピューターがする。解法を見つける方が大事」と。
事実、その人結構、普段の計算はトロいんですよね~(笑)

高校の数学の先生が東大出の変り種だったんですが、先生も、「文系は答えが合ってなんぼ。途中がどうだろうと答えさえ合えばいい。受験はマークシートだから。理系は解法さえ合っていれば、最終的な答えが間違っていようと点数がきっちりつくから、答えより解法が大事」と。。。

でも、小学校レベルだと計算が出来なくて×をつけられたら、算数(ひいては数学)が嫌いになっちゃいますよね(;^^A

投稿: Cassis | 2011/06/25 20:33

インド式算数ってよく耳にしますが、考え方教え方によって、子供の数の概念の捉え方も変わって来るんでしょうね。

確かに、英語のMATHのワークなんてしながら、英語圏の人の算数の能力も気になっていたので(笑)、この本に興味津々!
シリーズ本なんですね。うちは5歳なので、一冊目か二冊目か迷う所 ^_^;)。今度本屋さんにあるか覗いてみたいと思います♪

投稿: 苺ママ | 2011/06/26 02:17

☆Cassisさん
数学ひとつをとっても世界各国いろいろでおもしろいですね^^ フランスの計算方法も特有のものらしいですよね??
トヨタ研究所の方のお話、とってもおもしろいですね〜
ふむふむ、いまの世の中計算はコンピューターがやっちゃう、、、数の感覚をつかんでおくことが必要ということになってくるんでしょうか。勉強になるお話です☆
数学が答えより、解法が大事っていうお話、こないだの京大でのカンニング事件のときに私も知人から聞きました!京大あたりでは、答えが違っても独創的な解き方が評価点につながるんですってね〜。って私にはよくわからないんですがhappy01sweat01わが子には自分のようになってほしくないですcoldsweats01

☆苺ママさん
私は、まだ娘にMathのワークを英語でがっつりやらせたことはないのですが、なんだか奥深さに欠けるという先入観があって^^;英語圏の方に怒られそう(笑) R太郎くんは、算数もプリスクールで習ってくるのでしょうか?「数」となるとそこまで言語って関係してこないものなんでしょうか、、、どうなのかな^^; ちょっと興味津々なわたくしです^^ この本、シリーズものなので続けて読んでいくと大人も楽しそうですよね☆

投稿: cotton | 2011/06/26 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275096/40522816

この記事へのトラックバック一覧です: バイリンガル育児の算数はインド式で?「インドの算数」:

« 英語で考えてる?とグースキーをマラソン | トップページ | かけ流しの季節到来!! »