« わが家の最近の様子 | トップページ | 久しぶりに出す本:Don't Let the Pigeon Drive the Bus »

ひさしぶりにSight Word Readers

久しぶりに寝る前にSWRをちょこっと引っ張って

きてみました。

あまり自分で読む気配がなく物語性もないので

少々、置き去りにされていたのですが^^;

たまに持ってきたらどうだろう??と思い、、、

下の4冊をママの読み聞かせの後ではなく

自分で単語を予測しながら読んでくれました↓

Img_0394

「Go, Go」のstore がsupermarketになってたり

「Farm Friends」のhen がchickenになってたり

単語見てないね。。。ってところはたまにあるんですが

久しぶりに出してきたわりには、

以前読み聞かせしてたのを覚えてるっぽいなあ

という気がしました。

こんな感じで読みに関しては、行ったり来たりしながら

ぼちぼち進めて行こうと思います♪

☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は、またまた暑そうだ〜

祇園祭りの巡行を見に行ってきます〜run

☆☆☆☆☆☆☆☆
〈昨日の午後の取り組み〉
Clifford the Movie(半分)視聴

〈昨日の寝る前の読み聞かせ〉
SWR 5冊
Hen Goes To Market

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに登録しています☆
英語育児のお役立ち情報満載です!
応援クリックポチッといただけると、とてもうれしいです。
ありがとうございます☆↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

|

« わが家の最近の様子 | トップページ | 久しぶりに出す本:Don't Let the Pigeon Drive the Bus »

Sight Words」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです~!

うちもたまたま昨日SWR読みましたよ~!
やっぱり音や記憶に頼ってるところありですよね~!笑
でも、本を読む自信につながりますよね♪

そっか、今日は17日。祇園祭楽しんでください!!

投稿: ワンダーママ | 2011/07/17 09:32

☆ワンダーママさん
だらだらとしていたらご無沙汰してしまいました〜^^;

はは^^ そうそうまだまだ記憶に頼ってるとこありありです(笑)でもワンダーママさんがおっしゃるように自信につながるように思います。最近はひとりで適当読みしてる姿をちらほら見るようになってきたので、読みにも興味出てきたかな^^ 今年は週末だったため、さらに祇園祭はすごい人でした〜

投稿: cotton | 2011/07/18 06:57

うちもSight word readersを出してこようかと思ってます。
息子が文字に興味が出てきて、一文字一文字
なぞうるようになってきました。
ずいぶん前に読んでいたものだから
覚えてないかなぁ~。

投稿: maomao | 2011/07/18 07:41

☆maomaoさん
そういえば、一年前くらいかな?maomaoさん宅でSWRを毎日5冊ペースで読んでる様子を記事で拝見してましたね^^
たぶん、弟くんも記憶に残ってると思います!しかも文字をちゃんとなぞって読んでる弟くんなので思い出すのも早そう!うちの娘も今がタイミングっぽいのでSWR、少し強化してみようかな^^

投稿: cotton | 2011/07/18 08:00

こんにちは☆

お嬢さん、Sight Wordsが定着
してきてますね。
うちは全然です(^_^;)

というか、取り組まないと。
Sight Words表作ろうかな。

でも、我が家は平仮名表とかも
張ってないんですよね。

代わりに幼稚園からのお手紙というか
指示書(持ち物とかの)のようなものが、
ベタベタ張ってある(笑)


投稿: masyaまま | 2011/07/20 19:04

☆masyaままさん
わが家もSWRに関しては、飽きては時間を置き、また出してきて、、、と、じわじわ進んでるって感じですかね〜。みなさんおお話では、興味が出て来たときには、ぱ〜っと進むらしいし、気長に待つしかない?^^;
masyaままさんのところがひらがな表貼ってないってちょっと意外です〜

投稿: cotton | 2011/07/21 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275096/40843293

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりにSight Word Readers:

« わが家の最近の様子 | トップページ | 久しぶりに出す本:Don't Let the Pigeon Drive the Bus »