ジブリの本棚-宮崎駿が選ぶ50冊

ジブリの本棚~宮崎駿が選ぶ子供たちに読ませたい本50冊

先日、8/7(土)にBS日テレで

「ジブリの本棚~宮崎駿が選ぶ子供たちに読ませたい本50冊」

という番組が放送されていました。

わが家のパパさんが録画していて、昨日ふと気付き、

娘が寝てから視聴してみることに。

あらためて絵本&児童文学のすばらしさに心打たれました。

宮崎駿監督が映画作りをする際にインスピレーションの源と

なっている50冊を厳選されています。

ジブリの本棚-宮崎駿が選ぶ子供たちに読ませたい本50冊

(番組で紹介されていた50冊がe-honでチェックできます↑)

今後全国で「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」として

展示会としても開催が予定されてるようです。

さて、一覧見てどうですか^^

私は、まだまだ読めてない本たくさんあるんですが・・・

(というか、どちらかというと私はテレビっ子だったsweat01

しっかり原作で読んだことはない・・・というものもたくさんあるcoldsweats01

子供のうちからこの50冊のような児童文学に触れていると

創造性豊かになりそうな感じ!(科学的根拠はありません^^;)

sign03

思ったことがひとつあります。

英語育児続けて行くうえで、多読などを始めた場合、

ニアピンで宮崎駿が選ぶ50冊のような選択になりませんか?

(もちろん本に好みはあるけれどcoldsweats01

もともと外国の児童文学で日本語に訳されたものがたくさん。

英語でなくて日本語で読んだとしても、世界中の人々と

共通の話題として盛り上がれそうなものが多い。

なんとなく、英語育児から受ける思いも寄らぬ恩恵というのも

ありそうな気がする。

外国の児童文学を日本に取り入れた第一人者の石井桃子さん

のエピソードにも番組の中では触れられていました。

石井桃子さんは「クマのプーさん」を最初に日本語訳された方

だそうです。石井桃子さんが「クマのプーさん」の英語原作を

即興で日本語に訳して子どもたちに読み聞かせされたときには、

いままで触れたことのない英語独特の文章の言い回しに

当時の子どもたちは、ワクワクした様子だったそうです。

「クマのプーさん」「ふしぎの国のアリス」などは近い将来

娘も読むこと間違いなし。

石井桃子さんが生前おっしゃられていた言葉が印象に残りました。

「子どもだちよ。子ども時代をしっかりたのしんでください。

大人になってから、老人になってから、あなたを支えてくれるのは

子ども時代の「あなた」です。」

英語育児を通じて、娘に小さい頃からいろんなものに

触れさせてあげることができたらなあconfident

ランキングに登録しています☆

英語育児先輩方のお役立ち情報満載です!↓

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)